ブルックリン・ネッツ

ブルックリン・ネッツ
開催地 ニューヨーク
会場 バークレイズ・センター

座席表

↓PDFファイルはこちら

(別ウィンドウで開きます)

セクション別お問い合わせ
ご希望のお席をお選びください

現在、このイベントはスケジュールがアップされておりませんが、お問い合わせは随時受け付けております。どうぞお気軽にお尋ねください。

コートサイド

ロウアーレベル センター(1階席)

ロウアーレベル ホームベンチ側(SEC6、7)

ロウアーレベル ビジターベンチ側(SEC9、10)

ロウアーレベル コーナー(1階席)

ロウアーレベル エンドゾーン(1階席)

100レベル センター (1階席後方)

100レベル コーナー (1階席後方)

100レベル エンドゾーン (1階席後方)

アッパーレベル センター(2階席)

アッパーレベル コーナー(2階席)

アッパーレベル エンドゾーン(2階席)

インフォメーション

00年代にジェイソン・キッドを中心に、NBAファイナルに2度出場。
2012年にはロシア人富豪のミハイル・プロホロフと、共同出資者であるラッパーのジェイ・Zのもと
以前の本拠地であるニュージャージーから、ブルックリンへとフランチャイズを移転したネッツ。

昨シーズンは、ホークスでアシスタントコーチを務めていたケニー・アトキンソン氏を新HCに任命し
ショーン・マークスGMのもと、新たな船出となりました。

開幕直後は4勝5敗と健闘していたものの、11月初旬にリンが怪我で離脱すると徐々に負けが込み
12月末から11連敗、1月末からは泥の沼の14連敗を記録。
オールスター以降、チームは11勝15敗と巻き返したものの、最終的に20勝62敗でシーズンを終えました。

オフシーズンは、レイカーズとのトレードでラッセルと、モズコフを獲得。
長年ネッツを支えてきたロペスがチームを去り、チームは完全な再建へと移行する事となりました。
ショーン・マークスGMのもと、再び強豪チームへと返り咲くべくネッツの戦いは続きます。