ガンズ・アンド・ローゼズ、スタジアムツアーを来年に延期

世界で猛威を振るっているコロナウイルスは、エンターテイメント界にも大きな影響を及ぼしており、アメリカでは、多くのイベントやフェスがキャンセルや延期となっております。

今年の夏、スタジアムツアーを開催予定だったガンズ・アンド・ローゼズもツアーが来年に延期となりました。

ガンズ・アンド・ローゼズが1997年に発売したファーストアルバム「Appetite for Destruction」は、発売初週こそチャート182位でしたが、このアルバムから「Welcome to the Jungle」、「Sweet Child o' Mine」、「Paradise City」の3枚ヒットシングルを放ち、発売からおよそ1年後にビルボードチャートで1位を獲得し、デビューアルバムにして世界で3000万枚を売り上げました。

2008年には17年ぶりのオリジナルアルバム「Chinese Democracy」を発売、そして、2016年のコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーとして出演した際には、オリジナルメンバーのスラッシュとダフ・マッケイガンが復活しました!

その後、アクセル、スラッシュ、ダフにてワールドツアーが始まり、そのツアーは大好評で4年間続き、今年の夏は北米にてスタジアムツアーを開催することが発表されましたが、残念ながらコロナの影響で来年に延期となりました。

1日も早くこのコロナウイルスが終息し、世界でエンターテイメントが楽しめる日が戻ってくること、そして来年のツアーが無事に開催される事を願いたいと思います。

今回、新たに発表された日程は下記の通りです。