ステイプルズセンターの入場について(2021年11月)

NBAの2021-2022シーズンが開幕し、注目は、オフに大きな補強をしたレイカーズになるでしょうか。
NBAのシーズンは秋から翌年の春となりますが、2021年11月の時点では、まだ海外旅行は厳しい状況です。
今の時点での高い壁は、行きと帰りのPCR検査という点と、もし現地で無症状でも「陽性」になってしまった場合に帰国便の飛行機に搭乗できないというのが最も悩ましいところです。
今後、日本とアメリカの行き来がしやすくなってくれば、観戦の可能性も出てきますので、2021年11月現在のロサンゼルス・レイカーズの主催試合の入場についてご案内いたします。

今回は、ロサンゼルスのダウンタウンにあるステイプルズセンターのクリッパーズのプレシーズンのレポートになります。
ステイプルズセンターは、クリッパーズのほか、名門レイカーズの本拠地でもあります。
そのため、日本からご観戦に行く方が最も多い会場の1つになります。

このステイプルズセンターのルールと、レイカーズのルールが少し違うので注意が必要ですが、2021年11月の時点では、ステイプルズセンターは、PCR検査の陰性証明書 が72時間以内のものですが、レイカーズは48時間以内になっています。

ワクチン接種証明書
PCR検査の陰性証明書 (48時間以内)

のどちらかの提示が必要になります。
これに身分証明書としてパスポートの提示が求められます。

コートサイドシートの入場口

コートサイドシート、列の番号が、A、Bのチケットホルダーは入るゲートが異なります。

Courtside, Row A, and Row B ticket holders must enter at the Courtside door at the SW VIP entrance.

通常、ステイプルズセンターは、メインのゲート「スタープラザゲート」があり、ここはマジック・ジョンソンの銅像など行けば、正面とわかりやすいゲートですが、このメインゲートから入るか、スイート、プレミアレベルのチケットホルダーは、その隣のVIPエントランスから入るかになります。
コートサイドシートの入口は、そこから更にチームストアの外を左に回るようなイメージになります。

このコートサイドの専用の入り口から入ると何か特別なことがあるわけではありません。ワクチン接種証明書の確認とリストバンドをするためだけに分かれているというイメージでここから入っても一般のコンコースに出て座席に行くという流れになります。

    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名